yjimage.jpg田んぼに.jpgぶな.jpg20181027_1783778.jpg 山形県小国町の大半をブナなどの広葉樹林が一面に広がっているので「白い森の国おぐに」と呼ばれています。白い森は四季折々日々一朝一夕の表情を魅せる美しの森です。 【山形県小国町】白い森の国からーオグニフォトブログー
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.12.09 Sunday

白い森の雪化粧

JUGEMテーマ:写真日記

 

 

IMG_0015.JPG

 

山形県小国町は白い森の国おぐにと呼ばれています。

 

国道の道端を示すポールの設置作業も完了した

 

国道113号線赤芝狭であるが、

 

秋には真っ赤に燃える紅葉がみえるスポットで

 

ありますが、今日は白く雪化粧。今日は

 

国道には雪はありませんが、

 

橋の上などは凍結してることも

 

考えられますので、通行には気をつけてください。

 

今夜から明日にかけて雪はふるみこみ、

 

大事に至らなければいいが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.12.08 Saturday

白い森の雪化粧

JUGEMテーマ:写真日記

IMG_0385.jpg

 

山形県小国町は白い森の国おぐにと呼ばれています。

 

天気予報どうり昨夜のみぞれから

 

朝には雪に変わった。

 

根雪になるか、どうかは分からないが

 

白い森はうっすらと雪化粧に覆われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.12.07 Friday

白い森おぐにの空模様は時々刻々と

JUGEMテーマ:写真日記

IMG_0379.jpg

 

山形県小国町は白い森のおぐにと呼ばれています。

 

明日からの雪混じりの大荒れの天気が予想されて

 

いますが、時々刻々と空模様はかわります。

 

明日の朝は雪景色か?

 

白い森は千変万化と様々な風景を見せてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.12.04 Tuesday

白い森にゆきの足音が聞こえる。

JUGEMテーマ:写真日記

IMG_0374.jpg

 

山形県小国町は白い森の国おぐにと呼ばれています。

 

今日の白い森は暖かく雨が降っていたが、

 

週末になると寒波が来て、特に日曜日は

 

気温が−3度、大荒れの雪模様と

 

テレビの気象情報コーナーで気象予報士の方が

 

言っていた。

 

今日の雨も気温が下がれば雪であったに違いない。

 

白い森にも雪の足音が聞こえ始めた。

 

大荒れ、大雪にならなければいいが。

 

 

 

 

 

2018.12.01 Saturday

白い森の朝霧に映える

JUGEMテーマ:写真日記

IMG_0269.jpg

 

山形県小国町は白い森の国おぐにと呼ばれています。

 

白い森での朝日を受けて銀色に輝く蜘蛛の巣が

 

綿菓子に見えたのは爺様だけかな?

 

だとしたら、ブルーベリーのサプリメントの

 

効果はどうなのか・・・・・。

 

宜しかったらコメントをいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.26 Monday

白い森に天然なめこを求めて・・・・・

JUGEMテーマ:日々徒然

 

 

20181126_1806170.jpg

 

山形県小国町は白い森の国おぐにと呼ばれています。

 

白い森の豊穣の恵みとして天然なめこは

 

この時期、寒なめこといわれ、

 

白い森の中に美味しくなって群生してます。

 

例年どうり勝手知ったる白い森の(場所は秘密)

 

奥深く分け入っていくが、天然なめこに

 

あたる事がなかった。

 

天然のなめこは不作なのか?

 

先客に取られたか?

 

今夜の夕食は天然なめこ汁と

 

羽前 桜川の燗酒でと思っていたが

 

取れなかった事は仕方ないので

 

退屈な夜を過ごそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.24 Saturday

白い森の初雪その後

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

IMG_0089.JPG

 

山形県小国町は白い森の国おぐにと呼ばれています。

 

例年より遅く降った初雪の風景を散歩を

 

兼ねながら探して歩きました。

 

 

IMG_0086.JPG

 

白い森の国おぐにの若山地区にある

 

「わらび園」ですが、春になればたくさんの

 

人たちが入山しますが・・・・・

 

雪の多さで来春のわらびの出来不出来が

 

きまると言ってる長老もいらっしゃります。

 

厄介ものの雪ですが春の山物を考えると

 

一概にも厄介者とも言えません。

 

 

IMG_0092.JPG

 

ましてや、この様な風景も見せてくれます。

 

全国どこの地域でも、冬には冬の楽しみがあると

 

おもいます。

 

永年、雪を克雪、雪の利雪、雪の楽雪と

 

白い森の国おぐにでも声を上げていますが、

 

今冬はどうなることか・・・まぁっ、

 

たいそうな事を心配している場合じゃなく

 

年々ひどくなる冬季鬱を克服する治療として

 

冬を、雪を楽しみますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.23 Friday

白い森に初雪

JUGEMテーマ:日々徒然

IMG_0009.JPG

 

 

山形県小国町は白い森の国おぐにと呼ばれている。

 

白い森の朝は初雪となった。

 

僅か1〜2センチぐらいであったが

 

午後になると雨に変った。

 

家の周りの庭木、母屋の雪囲いも済んでるので

 

初雪が降って除雪とでも思ったが、また、

 

日々徒然である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.22 Thursday

白い森の国のおぐにを覆う雲海

JUGEMテーマ:日々徒然

IMG_0322.jpg

 

山形県小国町は白い森の国おぐにと呼ばれています。

 

刻々と変わる天気がすき。

 

前回ほど青空がすっきりせず

 

どんよりした雲海になりましたが、

 

平成最後の雲海となりそうです、なぜなら

 

明日からは寒気が入り込み雲海が見れる

 

朴木峠までの林道が通行禁止になるかもしれません。

 

雪の為に・・・・・これからは

 

雪をいじりながら日々の徒然を紛らわす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.20 Tuesday

朝霧のブナ林

JUGEMテーマ:写真日記

IMG_0321.jpg

 

山形県小国町は白い森の国おぐにと呼ばれています。

 

今朝はまさしく白い森の国おぐに相応しく

 

真っ白い霧に覆われた。

 

あさの散歩に出かけたブナ林は朝日が差し込み

 

幻想的な風景を見せていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.19 Monday

白い森の国おぐにを通る河川と鉄道

JUGEMテーマ:写真日記

 

山形県小国町は白い森の国おぐにと呼ばれています。

 

友人と待ち合わせてのために朝篠の横川へ。

 

ここは、おぐにを通る横川としては珍しく

 

両岸が岩の場所です。

 

 

 

20181119_1801895.jpg

 

何やら遠くから踏み切りの音が聞こえてくる。

 

振り向くと

 

20181119_1801893.jpg

 

山形県米沢市と新潟県坂町を結ぶ

 

米坂線を走る列車だった。

 

白い森の国おぐにを通る横川と列車を


見てたら待ち合わせ人と何しに来たか

 

忘れてしまった・・・・・困ったもんだ。

 

2018.11.14 Wednesday

飛泉寺の大銀杏の木

JUGEMテーマ:写真日記

IMG_0320.jpg

 

山形県小国町は白い森の国おぐにと呼ばれている。

 

白い森の国おぐにに黄色く色づく

 

大イチョウの木「飛泉寺の大イチョウ」が

 

横川ダム湖畔にあります

 

昔から地元ではなじみのある

 

イチョウの木であります。

 

駐車場もトイレも完備してますので

 

近隣にお越しの際は立ち寄ってみて

 

白い森の国おぐにを感じていただければと

 

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

【飛泉寺の大イチョウの紹介】※以下、人里巨木より引用

 

名称 飛泉寺のイチョウ (ひせんじのいちょう)
名称の典拠 「日本の巨樹・巨木」(注1)
樹種 イチョウ
樹高 25m(注2)
目通り幹囲 7.1m(注2)
推定樹齢 200〜299年(注2)
所在地の地名 山形県西置賜郡小国町市野々(いちのの)
〃 3次メッシュコード 5739−06−15
〃 緯度・経度 北緯38度00分40.1秒
東経139度48分55.6秒(注3)

小国町指定天然記念物(1982年3月31日指定)
撮影年月日 2004年8月3日

注1)旧環境庁が1991年に刊行
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注3)これは移動後の位置を表している

 

 

 

 

飛泉寺というのは、ここにあった禅寺の名である。
応永年間(1394〜1428)、越後曹洞宗に大きな法脈を築いた村上耕雲寺開山傑堂能勝が建立したことに始まる。しかし、宝暦4年(1754)に焼失。その際は御堂が再建されたが、大正2年(1913)に再び祝融に見舞われ、その後、再建されることはなかった。
だから、「飛泉寺のイチョウ」というより、むしろ「飛泉寺跡のイチョウ」と呼んだ方がいいのかも知れない。
イチョウは、葉に水分が多く、火がつきにくいことで、火災に強いと言われる。そのため、建物の類焼を防ぐ目的で、寺社境内に植えられることが多い。推定樹齢から逆に想像すると、宝暦の火災後、再び焼失の憂き目を見ないように、と植えられたのではないだろうか。残念ながら、大正の火災を防ぐことはできなかったが。
寺がなくなった後も、この地を見守り続けてきたイチョウだが、実は、平成17年(2005)に100mほど引っ越すことになっている。写真のものものしい装束は、その準備のための姿である。
現在、3kmほど下流に、堤高72.5m、堤長280mの横川ダムが建設されつつある。ダムが完成すると、ここは水没してしまう。荘川桜の例に倣って、親しんできた巨木を移転しようというのである。
成功することを祈りたい。

追記)2007年12月15日、移植先への移動完了。無事、根づいたようだ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.13 Tuesday

晩秋の小川

JUGEMテーマ:写真日記

IMG_0315.jpg

 

山形県小国町は白い森の国おぐにと呼ばれている。

 

そんなおぐにの石滝地区の、とある小川ですが

 

特別に何かがあるわけではないが、

 

冬至もすぎ、晩秋から冬への足音を

 

感じたのかもしれません。しかし

 

例年より暖かくもあり、天気予報には

 

雪マークはありません。

 

 

 

 

2018.11.10 Saturday

晩秋の飯豊連峰

JUGEMテーマ:写真日記

IMG_0290.JPG

 

山形県小国町は白い森の国と呼ばれています。

 

白い森の風に誘われて朴木峠まで登って来てみました。

 

そこには、私が会いたかった晩秋の飯豊連峰が

 

見渡すことができました。

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.09 Friday

水没古木と鉄塔

JUGEMテーマ:写真日記

IMG_0300.jpg

 

 

山形県小国町は白い森の国と呼ばれています。この森は 

 

四季折々色々な自然の風景を映し出します。

 

ダム湖の映る水没古木と鉄塔・・・・・・

 

何か自分自身を映し出しているような

 

気がしてなりません。この森は

 

自然の風景ばかりではなく

 

色んな事を映し出してくれます。

Powered by
30days Album